親の持つ小さな別荘に友人と泊まった時の話

【怖い話 第2284話】親の持つ小さな別荘に友人と泊まった時の話

引用元
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1468075799/

452 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/07/19(火) 11:46:01.32 ID:k6Wje1Fr0.net

金曜夜~日曜にかけて二泊で友人連れてバイクででかけた。
一泊目は東北のある宿にとまり、二泊目はうちの親のもつ小さな別荘に泊まった。
別荘を買った当初は祖母がいて、祖母のために和室もつくってあって
泊まるときはそこを寝室としていた。

日曜の朝起きたら、隣で寝ているはずの友人がおらず
キッチンの椅子に座っていて、俺が起きたのがわかると
「おい、お前、ここ出るんなら出るって言えよ!!」と涙目で言われた
寝起きだったこともあり、てっきり虫のことかとおもって
「虫、はいらんようにしてたんだけど、出たんか?そこにスプレーがあるから・・」と説明をしだしたら
「違う。幽霊!」と怒られた
(ちなみに、実際この別荘はめちゃくちゃ虫(蛾)が出るので、入らないように窓あけないようにしたり
スプレーも数本常備している)

友人が言うには、夜中に名前を呼ばれたような気がして目を覚ますと体が動かず
お婆さんが自分の顔に覆いかぶさるくらい近くにあり、「○○・・」と呼びかけていた。
ただ、この○○は自分の名前じゃないので、「お・俺じゃないです」と必死で伝えて
「俺の名前は××です」と伝えたんだが、無視して何度も「○○・・」「○○・・」と呼びかけていたらしい。

で、この○○というのが俺の兄貴の名前で、実は10年近く前、その友人と知り合う前に既に死んでいる。
海の事故で死んだんだが、ちょうどこの少し前に祖母が入院したりしていたので
祖母には兄の死を伝えないようにしていて、そのまま祖母が死んだ。

もしかしたらだけど、俺が来た→俺のちょっと年上の奴もきた→兄貴と勘違い、という流れなのかな、とか。
ってことは、婆ちゃん、あの世で兄貴に会えてないのかもしれん、と思うとちょっと哀しくなってしまった。

454 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/07/19(火) 11:56:48.17 ID:gyIRsjuF0.net

>>452
寂しいのう。

ともあれ、ご冥福をお祈りします
お祖母様とお兄様の

455 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/07/19(火) 11:57:22.98 ID:RmbwEUA3O.net

>>452
お祖母さんかわいそう、友人は気の毒だった
丹波哲郎の大霊界だと故人同士はあの世で再会できるようだが
漫画ブリーチだと、死に場所が違うと霊界で住まう場所が違って出会えないようだね

別荘



スポンサーリンク