神様の縁日

【怖い話 第2399話】神様の縁日

引用元
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1482217947/

881 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/01/30(月) 09:56:32.04 ID:/Jd+LAzX0.net

俺が10才くらいの頃、
何の用事か忘れたが、近所の神社に家族全員でお参りにいった。
お参りを終えて帰ろうとして神社の前の鳥居を抜けると、
目の前で夏祭りをやっていて、俺はテンションがアホほどあがって
一人で走って神社の前を横切る道を渡り、お祭りに向かった
結構人も多く、肌寒い季節なのに浴衣を着てる人も多くて
オカンに「リンゴ飴食べたい!」と言って振り向いたところ、
オカンも親父も妹も弟もいなかった。
何故か神社も鳥居もなく、ずーっと向こうまで屋台が続いていて
迷子になった、と焦った俺はひたすら走って戻ったけど
屋台はどこまでも続いていて、これはおかしいとさすがに思って
屋台の間をすり抜けたところ、突然目の前に鳥居と家族があらわれて
オカンに「あんた、いきなり走り出したら危ないでしょ!!」と怒られた。
振り返ると屋台なぞ一つもなく、いつものように田んぼと公園と普通の町並みがあった。
婆ちゃんに言ったら「神様の縁日だったのかもしれんね」といった。
神様もリンゴ飴食うの?と聞いたら「さあな」と笑われた

りんご飴



スポンサーリンク