新宿の存在に気付かれないデカい女

【怖い話 第2415話】新宿の存在に気付かれないデカい女

引用元
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1486344160/

483 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/04/02(日) 22:50:54.48 ID:GS+pL1Pu0.net

昨日の夜、新宿区の某所をふらついてたら
やたら背のでかい、コートを着た女と、
まだ小学校低学年くらいの女の子が、並んで立っていた。

最初親子かな?と思ったのだけど
よく見ると、それにしては様子が少し変だった。

女の子の方は、泣いているのだろうか、手を目に当てながらうつむいていた。
そして、デカい女の方は、ずーっと「この子どこの子?この子どこの子?」
って首をきょろきょろしながらつぶやいてた。

俺はその様子が気になってなんとなく眺めていたんだけど、
そのうち警官がやってきたみたいで、女の子だけを保護していった。
例のでかい女の方は、ぼけーっと女の子が警官に手を引かれるのを黙ってみていた。

数分後、その女の子が、母親らしき人とと、
さっきのでかい女と三人で並んで歩いていた。
女の子は母親に手を引かれ、すっかり安心しているようだった。

デカい女は相変わらずぼそぼそっと何かつぶやいてた。
「かいの子かいのどこ行くの?かいの子や」とかなんかそんな感じの言葉だった。
当然のように、母娘の会話に入ろうとしながら、並んで歩いていた。

ずっと不思議だったのは、女の子にしろ警官にしろその母親にしろ、
むしろ通行人の誰一人として、その女の存在が見えていないようだった。

新宿



スポンサーリンク