牛丼屋に深夜二時過ぎに現れるメガネのオッサン

【怖い話 第2965話】牛丼屋に深夜二時過ぎに現れるメガネのオッサン

引用元
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1363629968/

313 :本当にあった怖い名無し:2013/03/31(日) 01:35:51.49 ID:AY9n8W650

停滞してるから、実話投下

昔牛丼屋でバイトしてた。時間帯は23~8時。
店長とトラぶって忙しい店舗から暇な店舗に移籍し、
その店は暇すぎるからと、0~5時は1人運営だった。

まぁ、おおよその見取り図を先に↓(崩れてたらスマン)
_____________________
|店長| |休 |
|__室 憩 |
| バック |室 |
|___ _________|___|
| |トイレ|
|_____ ______|___|
|___ | | | ____|
| | | | |○ | |
| ○| | | |○ |____|
| ●| | | |○ ____|
| ○| |__| |○ | |
| ○|______|○ |____|
| ○○○ |
|___________________|

このカウンター席の●の所に、2時すぎに現れるオッサンがいた。

個人的には【メガネのオッサン】と呼んでた。

314 :本当にあった怖い名無し:2013/03/31(日) 01:37:16.91 ID:AY9n8W650

存在に気付いたのは、1人運営をし始めた頃。最初は2人運営だったんだけど、まぁ割愛。

1人だから休憩要員が近くの店舗から派遣されるまで出来ない。
その店舗ってのが俺が元々属してた店舗なんだけど「忙しいから」って理由で、
4時過ぎぐらいに寄越したりするもんで、やることをやりつつ、
人がいないときに一服つけてた。したら、「すみませーん」と声が。

(え、客きてたのか!?)と灰皿バケツに煙草を投げつつ「いらっしゃいませ」とか
言いながら休憩室から出たら、誰もいない。気のせいかと思ってその日は終わった。

翌日の深夜、店長室で煙草を吸いながら、在庫チェックしていると、昨日と同じ声で
「すみませーん」。また急いで煙草を消して出ると、いた。カウンター席に。
でも一瞬で消えた。そこで確信した。

声の正体が、眼鏡にうすら禿の、メタボなおっさん霊だと。
その他特徴は、ヨレヨレのラクダ色したポロシャツと焦げ茶のスラックス。
足元までは流石に見れなかったが、そんな感じのおっさんだった。

正体掴めたし、悪い感じしないから、特に気にも留めなかった。
おっさんは人がいるときは現れなかったし、大して害じゃなかった。
ただ、客がいなくなっては「すみませーん」と声をかけて、
焦った俺の姿を見て、ご満悦に消える。少し煩わしさはあったw

そしておっさんは悪戯が大好きだった。

315 :本当にあった怖い名無し:2013/03/31(日) 01:38:24.62 ID:AY9n8W650

1人運営だから、トイレは客がいないときに素早く行くしかない。
そうやって慌ててトイレに行くと、ドアをドンッと叩いてみたり、
店内に足音を鳴らしたりして焦らせる。

また、一服休憩中に声をかけるパターンは少し飽きたのか、
キッチンタイマーを急に鳴らしたりして驚かされたこともあった。

俺以外の奴が1人運営してるときも悪戯してたようで、
「急にトイレノックされて焦った」だとか、「タイマーが勝手に鳴る!」だとか
気付いたら、うちの店舗は周辺店舗から【幽霊が出る店】と言われるほどになった。

そして2年ほど、おっさんとの付き合いが続いたのだが、
売り上げの少なさが原因で、店が閉店することになった。

俺もそれと同時に辞めることにして、俺が担当する最後の深夜営業。
おっさん悲しむかな?とか思っていたが、おっさんはいつもの同じ。
「すみませーん」と声をかけていなくなった。

オチなくてすまん

丼物



スポンサーリンク