「夜見」行きバス

【怖い話 第3256話】「夜見」行きバス

引用元
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1361550708/

624 :本当にあった怖い名無し:2013/04/02(火) 00:33:27.83 ID:hBl8tnHX0

バスの運転手をしていて、その日は東京から京都まで夜行便の運転だった。
運転手は2人で途中で交代をする。深夜の高速をひた走っていると前方にバスを見つけた。
バスは一般道を走る路線バスタイプで、高速を走る観光バスタイプではなかった。
おっ!路線タイプが走ってるなんて珍しい!と思ってどこの会社だろうかと
追い抜きざまにチラッと見ると5~6人だけ見えた顔は血だらけで背筋が凍りつく。
そして前方の行き先幕をサイドミラーで見ると「夜見」となっていた。

とりあえず京都に着き、お客さんの荷物を降ろしていると
「昨日メッチャ怖い夢見てん」と乗っていたお客さんが友達に話していた。
内容は満員のバスで車内は全員血だらけの乗客が乗っていた。というもの。
それ、夢じゃないんだよと心の中で思いつつ荷物を渡していく。

そして、回送で車庫に行く途中、仮眠をとっていただろうと思っていた相方もそのバスを見たと口を開いた。
お客さんが寝てる時間に喋ると迷惑だろうからすぐには話せなかったと。

その後、そのバスは今のところ見ていない。

バス



スポンサーリンク