おしろいのお兄ちゃん

【怖い話 第3305話】おしろいのお兄ちゃん

引用元
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1350179727/

883 :本当にあった怖い名無し:2012/10/10(水) 22:38:21.37 ID:OaqzpHvi0

2歳ころの記憶。
そのころ家は貧乏だったそうで、古いアパートに住んでいた。
遠くには単線の駅があり、そこからカンカンと踏切の音が良くしていた。
ある日曜日の昼、いつものようにアパートの下で砂遊びをしていた。
同じアパートに住むお姉ちゃんと、自分の母とお姉ちゃんの母親が立ち話をしてた。
座り込んで遊んでいてふと顔をあげると、目の前に小学生くらいの男の子が二人いた。
彼らからは、おしろいのような胸を締め付けられるようないい匂いがした。
一人のお兄ちゃんに手をつかまれ、手をひっぱられて走り出した。
後ろを振り向くと母が見えたが、あまりに早く走るのであっという間にアパートすら見えなくなっていた。
お兄ちゃん達は、フェンスを越えて線路に入ると私を伴って歩き出した。
空気が熱くて、遠くが蜃気楼のようにゆれている。
線路の焼けた石の色や、枕木の独特な油っぽい匂いもしっかりと記憶にある。

なんだか楽しくてきゃっきゃと歩いていたが、足がうまく動かないので
ふらふらと歩いた。やがて、線路は終り、鉄のレールが大きく曲がっていた。
そこまで来るとお兄ちゃんたちは、また私の手を握った。
すると風の音がして目に砂が入り、ぎゅっとつむった。痛くて泣いていると、母が慌てて私を抱き上げた。
いつの間にか、私はアパートに戻ってきていた。
それから度々、この小学生のおにいちゃんは現われて私と線路に入って遊んだ。



884 :本当にあった怖い名無し:2012/10/10(水) 22:39:53.33 ID:OaqzpHvi0

続き

5歳になると、私たちは別の市に家を買って移り住んだ。
そこは線路も駅も見えなかった。
新しい家では、床の間があったがそこがなぜか好きで、一人で座っていると
気づくとあのおにいちゃんが立っていた。昔よりも成長していて
高校生のように見えた。私は、床の間でお兄ちゃんと遊ぶようになった。
髪をすいてくれたり、膝に乗せて抱きsめてくれたりしてくれた。
やはりいい匂いがしていた。
床の間に張り付いてる私を、母は気味悪がったがやがてその床の間に仏壇か置かれると
そのお兄ちゃんは現われなくなった。

今でもあのおしろいのようないい匂いが鼻をかすめると、胸が苦しくなる。
あの人はだれだったんだろう

888 :本当にあった怖い名無し:2012/10/10(水) 23:30:49.50 ID:wCkYpf8v0

>>883-884
家族の誰かに二人のお兄ちゃんのこと聞いてみた?
引っ越してもあなたの所に現れるってことは血縁関係なのかな?と思ったので。

891 :本当にあった怖い名無し:2012/10/10(水) 23:46:23.25 ID:OaqzpHvi0

>>888
家族に聞いてみた事はあるけれど、両親ともに心当たりは無かったんだ…。
それにその当時住んでいた所に、男の子どもはいなかった。
いても1~2歳の子が遊ぶ平日に小学生はそういないと思う。
しかも1歳2歳の頃の記憶(街の様子とか、どこの川のちかくにこんな店)とか
詳細を私が覚えているので、親に気味悪がられた。
1歳や2歳の頃の記憶なんて普通ないだろと。
あと、お兄ちゃんたちと遊んだ駅はまだ実在する。(愛知県の佐屋とかいう名の駅。終点ではない)
匂いは今だに覚えているし、顔や手の感触も覚えている。
線路の匂いや、熱い(夏ごろだったので)石の感触も。
線路の砕石って意外とでかくて、鉄さびみたいなのでよごれてる(今はあまりないけど)
帰ったらいつも手が赤くて「何さわったの、もう~」と母がタオルで拭いてくれていた

892 :本当にあった怖い名無し:2012/10/10(水) 23:49:55.62 ID:OaqzpHvi0

ちなみに匂いは、母や祖母の化粧のにおいとは全くちがっていたなー

手



スポンサーリンク