終電の異次元トンネル

【怖い話 第3348話】終電の異次元トンネル

引用元
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1347685557/

644 :本当にあった怖い名無し:2012/10/11(木) 18:40:26.00 ID:y5yVR4Qw0

昨日の夜の話なんだけど。
仕事が遅くなっていつもは乗らない終電で家路に向かってた。
会社最寄の駅から自宅最寄りの駅までは10分。
地方の私鉄ということもあり、車両には俺一人だけだった。
疲れてはいたけど、眠れる時間はないので、ぼーっと中吊り広告を見ていた。
そしたら三つ目の駅を過ぎたころにトンネルに入ったんだ。
でもおかしい。トンネルなんかない。あるはずない。田舎の平野を走る路線だ
狼狽していると、車両のドアが開いて男が入ってきた。
そして俺の姿を確認すると「あ!」と驚いた顔を見せた。
三秒ほど見つめあっていると男が「入っちゃったか」みたいなことを言い
踵を返した。そのまま入ってきたドアを出ていく。
するとその瞬間トンネルから抜け、間もなく四つ目の駅に着いた。
そこで二人ほど車両に乗ってきた。そのとき言いようのない安心感が俺を包んだ。

夢ではなかったと思う。ただよく「異次元に行った」というスレを見ることがあるんで、
それに影響された幻覚かな?などとも思う(疲れていたんで)
いずれにせよ不思議な体験でした。

646 :本当にあった怖い名無し:2012/10/11(木) 18:57:28.36 ID:3tPtnEVU0

>>644
時空のおじさんだね。

647 :本当にあった怖い名無し:2012/10/11(木) 19:07:09.80 ID:UB1ETy8qO

>>644
おじさんが戻してくれたのかな?
戻ってこれて良かったね。

電車



スポンサーリンク