一昨年の夏、夏期講習をサボってふらふらと意味もなく歩き回っていた

【怖い話 第492話】一昨年の夏、夏期講習をサボってふらふらと意味もなく歩き回っていた時の話

参考URL
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1409634803/


555 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/01/05(月) 15:06:36.06 ID:iuBMb0920.net

知ってる人にはイメージしやすいように地名とか細かく書いていく。
知らない人は地図とか見ながらだと、距離や道筋がわかりやすいかも。

一昨年の夏の話。
浪人生だった俺は夏期講習をサボってふらふらと意味もなく歩き回っていた。
御茶ノ水の駿台に通っていたから、御茶ノ水から古書店街を通って秋葉原へ行き、また御茶ノ水に戻って
神田明神で休憩をしたことをよく覚えてる。そのあと、今度は男坂を下りて、蔵前通りから本郷通りへ出て
東大の方へ向かう予定で歩いてたんだけど、途中で長い石段と木々に覆われた場所があってさ。
そういう人気のない神秘的な雰囲気が好きだった俺は、探検気分でその階段を登って行った。

まあ、あったのは普通のこじんまりとした神社で、これといって見るべきものもなかったんだけど
登ってきたのとは別の場所にも階段があったから、今度はこっちから行こうと思ってそこを降りたわけ。
そしたら、目の前に国会議事堂があったんだよね。

その時は「道間違えたな」程度で、暑さと疲れたのもあって、そのまま電車に乗って帰ったんだけど
後でgoogleマップで見てみたらどう考えてもおかしい。確かにあえて細い道とか裏路地を選んで歩いてたから
途中で本郷通りからは外れた道を歩いていた可能性はある。でもそれにしたって神田明神から国会までは
東大へ行くのとは真逆だし、万が一そうだとしても、途中に皇居があるのに気付かないわけがない。
そもそも、何度調べても、覚えている限りで同じ道を通ってみても、そんな神社がないんだよね。


あの日、俺は一体どこへ行っていたんだろうと思う出来事でした。

東京



スポンサーリンク