夜中に母親の足をつかもうとする者

【怖い話 第680話】夜中に母親の足をつかもうとする者

参考URL
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1397383755/


281 :箱@\(^o^)/:2014/04/28(月) 01:06:45.23 ID:+iDZ5aas0.net

いきなり失礼します、長文になるかもしれません

兄が小さいときの話です
兄と母が同じ部屋で、足をドアに向けた状態で一緒に寝ていたそうなんです
兄は一度夜中に目が覚めてふと足元のドアに目を向けると、ドアが静かにあいておとうちゃんが
入ってきたそうなんです、それで兄は「なにしてんにゃろ~」って思って声をかけたそうなんです
そしたら口に人差し指を当てて「シーッ」ってして隣であおむけで寝ている母の足首辺りをつかもうとしたらしいんです

続きます

282 :箱@\(^o^)/:2014/04/28(月) 01:15:01.78 ID:+iDZ5aas0.net

281の続きです

それで兄は直感的に母を引きずろうとしてるって思って、泣き叫びながら「あかんーー!」っていいながら
枕とかをそのひとに投げつけてたんです、そしたらしぶしぶといった感じでドアを開けて出てったんです
それでパタンってドアが閉まった瞬間に母が起きて「○○(兄の名前)どうした~ん?」ってこえをかけられて
ありのままを泣きながら話したら「おとうちゃん今日いいひんで~?」って言われたらしいです

後にも先にもいろいろあったそうなのですが、一番印象的なものを書きました
長いし駄文ですみません

足



スポンサーリンク