頭に矢が刺さった侍の生首

【怖い話 第692話】頭に矢が刺さった侍の生首

参考URL
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1397383755/


289 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/04/28(月) 16:05:36.76 ID:kTnlr4Qd0.net

小学生の頃の話。
当時超ビビリだった私は毎晩両親の寝室で寝ていて、3つ年上の兄は子供部屋で一人で就寝というのが普段のスタイルだった。
ある日たまたま子供部屋で寝てしまって、しかも兄の布団まで占領していて兄は寝れなかったのか、夜中に起きたときは私だけが子供部屋にいた。
一人で暗闇で目が覚めたことにパニックになった私は泣きながら布団をかぶり、押し入れを挟んだ隣の部屋にいる母を呼んでいた。
母は眠りが浅い人で、いつもならすぐに来てくれたのにその時は来なかった。
段々布団の中にいるのが息苦しくなった私は、顔だけを出して押し入れの方を向いて母を呼んでいた。
押し入れと反対の壁際には兄と私の勉強机が横に並んでいる。
勉強机の椅子は、タイヤがついていて空気で椅子の高さを変えられる物で、下の方には丸い足置きがついていた(学校のパソコン室の椅子みたいな)。
そっちの方からなんだか嫌な予感がして、でも振り向かないようにしていたのに気づいたら目の前には椅子の足置きがあったのを覚えている。
そして、頭に矢が刺さった侍の生首みたいなのがいた。
そこからはもう本当に瞬速で両親の部屋に行き、兄を叩き起こして子供部屋へ追いやった。

読みづらくてすいません。
やっぱり文章にすると何も怖くないですね。
まだいくつか話があるので、そのうち書き込みに来ます。
失礼しました。

サムライ



スポンサーリンク