明日は必ず下鴨神社に来なさい

【怖い話 第726話】明日は必ず下鴨神社に来なさい

参考URL
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1406986997/


145 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/10/06(月) 23:09:11.55 ID:rlOI0pKw0.net

今年の夏の話

京都の南禅寺、永観堂へご朱印をもらいにいく予定をしていた。
夜、寝ていた時に知らない男性の声が聞こえてきて「明日は必ず下鴨神社に来なさい」と言われた。
何の理由で呼ばれたか分からないままに行くなら最後になるけど一応行ってみることにした。

永観堂で癒された後、熊野王子神社に参拝すると少年姿の烏天狗が見えて「よくぞ来た」みたいなことを話しかけられる
銀閣寺まで歩き、バスと電車を使い、下鴨神社へと向かった。

なにやら祭りがあるようで、進んで行くと人だかりができていて見てみると良いタイミングで獅子舞の踊りを見ることができた
神社の中に入るとみたらし祭りの足付け行事がやっているのでついでに参加してきた
御神水もくれると言うので捨てるつもりの空のペットボトルを渡すと何回かすすいだ後に入れてもらった。
みたらし池の中に入ったのも初めてで幻想的な感じで凄く楽しかったし癒されたなぁ、などと思っているとまた例の声が聞こえて来て
同時に姿も見えて「ほう、楽しんでくれたか。」と。神様も嬉しそうだった。

帰りに河合神社に寄ってベンチに座って美人の水?を飲んでいると玉依姫と先ほどの男の神様がいらっしゃって
少しの間談笑していると今度は後ろから気配が感じるなと思ったら奈良から阿修羅神が来て
(実はその前に興福寺に行ってたので)
「拝観時間は終わったから来たよ~」と。
阿修羅神の外見は精悍な感じで軽め。アイボリーの短パンにサンダル、白いカッターシャツという普段着。
髪は短い。後でその道の人に聞くと神様同士は中が良いから他の神様の神域にも入れるとのことでした。

雑談している中にも他に誰か拝殿の方に人が行くと神様も一旦戻られて一人一人きちんと願いを聞いておられました。
結果的には癒しの旅になりました

146 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/10/06(月) 23:23:19.73 ID:rlOI0pKw0.net

後で神様のことを調べてみると賀茂建角身命という名前で化身としてヤタガラスになることもあるということでした。
そういえば熊野王子神社で少年姿の烏天狗に会い、河合神社に入る前にカラスが神社の中に入って行ったのを見ました。
地味に案内してくれたのでしょうか。

後日、どうしても来て欲しいと再度呼ばれて行ったときには
着いてしばらくすると豪雨に会い、丁度古本祭りをしていたのでテントの中でしのいだ。
神様によると「あれは歓迎の知らせでもあったのだがね」ということだったらしい

途中雨しのぎに豆茶を飲んだけれど神様はどうしても死にたがり屋の自分に長生きしてほしくて飲ませたかったらしい。
効果に長生きとあったので。

神社



スポンサーリンク