職場の同期のBの家にある等身大の人形

【怖い話 第766話】 職場の同期のBの家にある等身大の人形

参考URL
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1403514213/


201 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/07/10(木) 06:38:23.39 ID:v21pgXQD0.net

昨年末の話。
職場の同期であるA、Bと三人でカラオケに行くことになった。俺は今の会社に入ってから二人と知り合ったがAとBは幼馴染同士。
家が隣町の俺は一旦家に帰ると待ち合わせの時間に間に合わないのでBの家にお邪魔してシャワーを借りた。
「散らかってて悪いね」と言いながらBが部屋の電気をつけるとベッドの上に人間と変わらない大きさの人形(マネキン?)が腰かけていた。

一瞬人間と見間違えるほどよくできた人形で「部屋が散らかってるよりこっちの方が問題だろwこんなもの買う前に彼女作れよw」なんて言いながら人形をじっくり眺めてた。
ふとこの人形何で出来てるんだ?と思い触ろうとすると、普段はいつもヘラヘラしているBが何してんだ!と大声をあげて俺の手を叩いた。
それからBの様子が明らかにおかしい。人形に向き直って「あぁ、ごめん起こしちゃった?」から始まりひっきりなしに人形に話しかけている。

始めはふざけているのかとも思ったが、恋人にするように頭をなでたり、人形に向ける視線が異様に熱っぽい。
気味悪く感じながらもBが人形に話しかけている姿を眺めていると人形と目が合った。
目が合ったというのもおかしいが本当に目が合った、人形の目玉なんてガラス玉か何かなのに視線を感じる。
「じゃあ行ってくるから留守番頼むね」とBが人形を抱きしめた時、人形の顔が変わった。見間違いかもしれないが人形の顔が不機嫌そうに歪むのが見えた。Bが遅くならないうちに帰るからと言うと人形は元の顔に戻った。

Aと合流した後、Bがトイレに行った隙にAにBがデカい人形に話しかけていただとか人形の顔が動いただとかBの部屋で起きたことを全部話した。
するとAは「Bの人形はそういうもんだから気にするな、あまり人形扱いするとBが怒るぞ」「Bの周りには昔からそういうことがあるんだよ」と言った。

二人が薄気味悪く感じて全く楽しめず俺は一時間程度で帰宅、それ以降二人とは距離を置いている。

マネキン



スポンサーリンク